《 はじめの一歩 》
写真で日常の出来事をお伝えします。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイナスイオン
先週の話。

いつものMixi仲間と伊豆に行ってきました。
涼しげな所は??と考えると!

 「滝」 

伊豆の滝で、メジャーなところといえば、

石川さゆりの「天城越え」で唄われていますね~

P6201122
P6201122 posted by (C)hagetaka


ここには、名産の「わさび」田がありますね

P6201113
P6201113 posted by (C)hagetaka
....九十九折り 浄蓮の滝・・♪

それと、「河津七滝」(かわづななだる)ですかね。
この地方では、滝を「たる」と 言うのだそうです。

こちら「大滝」が遊歩道から見れなくて、六滝となってしまいましたが、
それぞれの滝が七福神と絡められています。

下から登っていきましたので、まずは

①弁財天の「出合滝」

P6201128
P6201128 posted by (C)hagetaka

この滝壺には、七滝の内(大滝除く) 5滝からの流れ込みが右側から来ています。

P6201136.jpg


この流れは、「滝」といっても良いような落差があるのですが ・ ・ ・ ・


さて、この名の無い滝の上流へ進みますと、

②布袋様の「蟹滝(カニ滝)」があります。

P6201142
P6201142 posted by (C)hagetaka

写真を撮る者にとっては、雨で流されてきてしまったのであろう
竹笹が気になってしょうがないのでありました ・ ・ ・

整備された遊歩道を上流に進みますと、続いて現れた滝は、

③寿老人の「初景滝」

P6201155
P6201155 posted by (C)hagetaka

美しい滝姿です。
ここには、「私」と「踊子(薫)」の銅像もあります。

P6201157
P6201157 posted by (C)hagetaka

ここまでは、車も入れますが、この先は歩道が整備されているだけです。

P6201177
P6201177 posted by (C)hagetaka

④福禄寿の「蛇滝」

P6201168
P6201168 posted by (C)hagetaka

この滝の由来は、滝壺を形成している玄武岩の模様が蛇のうろこの
ように見える事から つけられたようです。
神秘的な雰囲気だったため、露出アンダーで撮って見ました。


更に上流へ登っていくと、道が分かれていますが、左へ回り込むと、

⑤恵比寿様の「海老滝」が現れます。

P6201182
P6201182 posted by (C)hagetaka

この滝は、写真では伝えきれない美しさを感じました・・・残念

そして、最後は、

⑥毘沙門天の「釜滝」

P6201186
P6201186 posted by (C)hagetaka

落差は22 mあり、なかなか見応えあります。

今回、⑦大黒天の「大滝」は
残念ながら観ることができませんでしたが、マイナスイオンたっぷりな涼感をいただいてきました。

おまけ。
シャッタースピード上げて飛沫館を出してみた1枚。

P6201173(1).jpg



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。